起点にする

電話で話す女性

東京都足立区の特産品の中でも食べ物においていえば、「文化フライ」という元々は浦安の小麦粉を練ったものにパン粉を付けた玉子フライを東京都足立区にい長谷川まさこという女性が改良して売り出したものです。
名前の文化は当時の流行で名づけたもので文化包丁や文化鍋などに追随したものです。
現在、販売されている文化フライは小麦粉に甘味料を混ぜてパン粉をまぶして揚げたものであり、ソースをつけて食べるものであります。
しかし、文化フライを食べられるお店は少なく、北千住にある宏月というお好み焼き屋さんなどで扱っているとのことです。
また、枝豆や小松菜も有名であり、あだち菜うどんと呼ばれる小松菜を練りこんだうどんはご当地グルメとしてあります。

東京の足立区は23区のなかでも北東部に位置していて、隅田川と荒川に挟まれた区域と荒川の北地区に分かれています。
現在は、北千住駅というターミナル駅という鉄道線路の末端位置にあり、繁華街としても栄えています。
毎年7月には足立の花火が催されている。
稲荷神社や氷川神社など様々な神社があり、地域ごとに神様がいるかのような多さであります。
人口はおよそ65万人、面積は53.2平方キロメートルほどあります。
東京電機大学など大学も多くあり、つくばエクスプレスも開通して、駅の数も増えています。
足立区の名前の由来は、もともと足立区の周辺に「あしだち」と呼ばれる草が多く生えていて、そのあしだちが「足立」になったといわれています。